理科勉強法

理科の勉強
「なぜ」 なのかをよく考える
理科では憶えることもたくさんありますが、それぞれの事柄を理解することがとても大切です。常に「なぜ」「どうして」と考える習慣をつけるようにしてください。
  【実験】
   百聞は一見にしかず。理科の実験はとても大切です。これだけは一人で自宅やるわけにはいかないので学校での実験には積極的に参加して注意点や結果をしっかり憶えてください。そしてその実験の目的や結果がなぜそうなるのかをわかるようにしておくことも大切です。
  【計算】
   理科ではどの分野でも計算は必要です。数学が苦手な人は計算を避けたがりますが、計算は算数や数学の簡単なものがほとんんどなので苦手意識を持たずたくさん練習してできるようにしましょう。
勉強法
 まず基本事項をまとめます。このときに理科の教科書を読んでもまとめにくいので問題集のポイン解説などを見てノートに要点を書き出します。特に実験の注意や実験結果はしっかりわかるようにまとめましょう。
  次に問題を解いていきますがそのとき問題集に答を書き込まずにノートに答を書きます後で何度も同じ問題を解くためです。問題集は色々なものに手をつけてしまうとどれも中途半端になってしまうので1冊を何回も繰り返して練習したほうがためになります。問題をやって間違えたところをノートに書いて自分で解説を加えますこれを繰り返し実行してください。